search
Sekolah Di Jepang

OHM Studi Jepang: Pendaftaran, Informasi & Konsultasi Sekolah ke Jepang

OSIP supporter-Kaho Fukuda

Date: February 18, 2020 Categories: OSIP, Tentang Jepang Tags:

September 2018

皆さん、こんにちは!大阪大学外国語学部インドネシア語専攻の福田です。
今年の9月は、日本では台風が多く不安に感じることも多かったことと思います。最近は、涼しい日が多く、空の雰囲気も変わってきました。秋が来たのだなぁっと日々感じています。インターン生の方々とお話しをする中、今日の風は地元の風と似ている、などのお話も聞きました。秋の涼しさとインドネシアのある地では、似ている部分もあるのだなぁと共通点を聞き嬉しく思います。
今月もインターン生の皆さんは、充実した時間を過ごしたようです。
お仕事も、始めの頃と比べて慣れてきたようです。緊張しました などの言葉をあまり聞かなくなりました。ただ、まだ難しい事は色々とあるようです。その中、できるようになるために、頑張っているようです。先輩と一緒に仕事をした方もいました。気づかされることがあったようです。先輩のスムーズに仕事をする姿に憧れる事もあります。先輩の姿は、見ていて勉強になることが多いですよね。焦らずに、吸収できることを取り入れるのが大事ですね。
また、初めて8人の同じチームのインターン生と遊びにいったお話を聞きました。同じように頑張っている仲間と意見を交わしたり、アドバイあったり、悩みを言ったりできる時間だと思います。私自身、インドネシア語を勉強している仲間とは、よくお話をします。今日あったこと、バイトの話、宿題のこと、などなど話すことはつきません。皆さんは、一緒に有野台に行ったようです。一緒にランチを食べたり、素敵な時間を過ごせたようです。日々の生活には、息抜きとか遊びの時間は必要ですよね。
1つ面白い話を聞きました。和製英語の話です。英語と似ている和製の外来語で、海外では通じず、日本で作られた言葉です。日本語では、英語でも母音を強く発音しすぎて英語らしい英語ではなく、日本語に近い英語になることが多いです。この違いをインターン生も感じられたようです。日頃から、日本語のような英語、英語のような日本語、(ショットを打つ、スピーチをする、アポイントを取る、)などを何が英語で何が日本語がよく考えずに、使っていますが、インドネシア人インターン生の方々は、気になったようです。
色んな違いを感じながら、その違いを受け入れる姿勢が大切になる時もありますね。
今月は、より秋も深まることと思います。スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋と言われるように、日本の秋を満喫してほしいなぁと思っています。今月も素敵な時間を過ごせるようにサポートができればと思います。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

Leave a Reply

Blog Category

Blog Archive