search
Sekolah Di Jepang

OHM Studi Jepang: Pendaftaran, Informasi & Konsultasi Sekolah ke Jepang

OSIP supporter-Kaho Fukuda

Date: February 18, 2020 Categories: OSIP, Tentang Jepang Tags:

November 2019

皆さんこんにちは。大阪大学外国語学部インドネシア語専攻の福田です。
11月は空気がだんだんも寒くなり外に出るのが少し億劫になる時期です。しかし、秋ならではの美味しい食べ物や紅葉などを感じられ、外に出るのも素敵な時期です。例えば、カキ(柿)です。秋ならではの果物です。インターンシップ生の中も初めて柿を食べたとの話を聞きました。日本には大きく2種類渋柿と甘柿があります甘柿は、そのまま食べて甘く美味しい柿です。味が美味しいだけでなく、栄養が豊富で健康にもとても良い果物です。一方渋柿はそのまま食べると渋い柿です。しかし、干すと柔らかくジューシーで甘い柿になります。柿は柿でも全然違うので是非試してみてほしいものの一つです。また、これからの時期は寒くなってきます。ですので、鍋などあったかい食べ物が一段と美味しく感じる季節です。友達と鍋パーティーをインターンシップ生の方もしたようです。鍋は体もあたたまりますし、野菜や肉など一度に取れるので体にもいいです。また、だしの味も色々と種類があります。鶏白湯鍋、ちゃんこ鍋、キムチ鍋、味噌鍋、胡麻担々鍋、レモン鍋、トマト鍋、など色々な味があるので飽きずに食べれます。楽に調理もできるので忙しい人にもオススメです。最近は、街並みも変わってきました。草木は、夏の青々とした元気さはなくなり、葉が落ち寂しくなってきたようにも感じます。しかし、その代わりにイルミネーションなどで街は色づいています。いつもの帰り道もイルミネーションがあるだけで心なしかウキウキしたりします。季節によって楽しめる事も違うので時間を大切にしたいですね。
さて、インターンシップ生は仕事にも慣れて最近は後輩もできたようです。後輩指導も今皆さん頑張っています。仕事を覚えることもとても大変なことですが、後輩に教えるということはもっと難しいことだと思います。いつもの自分の仕事に加え、後輩に指示をしたり、対応の仕方を教えたり、考えることがたくさんあります。また、どこから教えたらいいのか、わからなくなることもしばしばあると思います。慣れないことに緊張している表情の後輩には自分から声をかけて緊張をほぐしてあげたり、時々褒めてあげたり、世間話をしてみたりしながら仲を深めてるなどして、仕事になれるように配慮してあげるのも先輩の一つの役割だと感じます。後輩が困っている時にさっと助けてあげたり、しかし常に助けてばかりではなく一人で仕事ができるように陰ながら見守ったり、加減が難しいところですが、調節することが大切だと思います。仲間と一緒に仕事を頑張っていってほしいと思います。今月も日本の生活を楽しみ、自分をより成長させられる時間になってほしいと思います。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

Leave a Reply

Blog Category

Blog Archive