search
Sekolah Di Jepang

OHM Studi Jepang: Pendaftaran, Informasi & Konsultasi Sekolah ke Jepang

OSIP supporter-Kaho Fukuda

Date: February 18, 2020 Categories: OSIP, Tentang Jepang Tags:

September 2019

みなさん、こんにちは。大阪大学外国語学部インドネシア語専攻の福田です。
9月になり、日本はどんどんと秋めいてきました。涼しい日も増えており朝晩がとても過ごしやすいです。空の様子も秋らしくなり夏の時とは違った雲なども見られるようになってきました。帰り道に空を見上げて写真を撮ったというインターンシップ生もいました。違う国で過ごすというのは日常を色んな視点で楽しめることだと思います。イベントや観光地だけではなくて、気候や食べ物や交通手段、お店で売っているもの、などちょっとしたことの違いも新鮮だったり心に残ったりすることもあります。帰り道に見た景色、出会った人、会話、が何か少しでも心に残って、素敵な思い出として持って帰ったり新たな興味のきっかけになったりします。他の人があんまり気づかないような自分だけの思い出になるかもしれません。異国の地だからこそ感じれるちょっとした面白さを沢山あつめてほしいなぁと思います。私自身、インドネシアで過ごしていた時がありましたが、夕方になってから夕日の時間がほんとに短くてすぐ夜になるところにびっくりしたり、その時間ごろには、いつも風が吹いてすごく心地よいことを知ったりしました。すぐに忘れてしまうような取るに足らないことかもしれませんが、でもその時に感じたことを何か言葉にしてみたり、書き留めてみたり、写真に残してみると素敵な思い出になるかもしれないですね。
インターンシップ生のみなさんは、今月もお仕事を頑張っています。日本語での接客には話す能力も必要ですが、伝票を用いる際など日本語を書く能力が必要なこともよくあります。それに加えて電話での注文応対などリスニング能力が必要なこともあります。大阪ですので、関西弁で話すお客さまも沢山いらっしゃいます。電話だと相手の顔が見えませんので、ついつい早口になったり電波の調子で余計に聞きにくいこともあります。インターンシップ生の皆さんの中にも難しく感じている方もいます。難しいこともありますが日々日本語能力を磨くことができています。中には外国からのお客様もいらっしゃいます。英語で対応もすることもあります。確かに大変ですが、それだけ多くの人と接する勉強ができますし、お客様との会話が思ったより弾んで楽しいこともあります。色々な困難があります。しかし、インターンシップ生の皆さんは、プラスに捉えて前向きに頑張っています。素敵なことだと思います。日本での生活をこれからも楽しみ糧にしていただけるように願っています。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

Leave a Reply

Blog Category

Blog Archive