search
Sekolah Di Jepang

OHM Studi Jepang: Pendaftaran, Informasi & Konsultasi Sekolah ke Jepang

OSIP supporter – Moeka Fujimoto

Date: March 19, 2020 Categories: OSIP, Tentang Jepang Tags:

February 2020

こんにちは。OSIP 26期生を担当しています藤本萌加です。
日本は少しずつですが暖かくなってきたようですね。コロナの影響は大丈夫でしょうか。多くのイベントが中止になっていると聞きました。この2.3週間がピークのようですね。マスクも入手困難な中ですが手洗いうがいの励行などでみなさんご自愛ください。インドネシアはもうすぐ雨季が終わるようです。来たときからずっと雨季なので乾季が待ち遠しいです。
さて26期の2人ですが日本に渡って1か月半がたちました。仕事に慣れてきて楽しくなってきた、新しいことをどんどん学べている、とポジティブな声が聞こえてきます。店の閉店作業を任される日も増え、忙しいけれどやりがいもあると言っていました。この1か月で特に変化を感じたのが職場の先輩たちとの関係です。先輩たちとの話を日報で聞く日が増えました。仲が深まってきており、先輩と話すことで仕事へのモチベーションが上がったり仕事に行くのが楽しみになったりしているということで、とてもうれしく感じます。新しいことを日々学ぶなかで失敗することもありますが、もう同じ失敗をしないようにしたいと振り返り反省することができています。
また今月末に開催されたOSIPフォーラムではインドネシアの大学の先生に久しぶりに会えたり新しい日本人の友達ができたりと、良い時間を過ごせたようです。休みの日には初めて遠出して京都の伏見稲荷へ出かけていました。仕事での疲れをとることで1日過ぎてしまう日もあるようですが、ぜひこれからも積極的にいろいろなところへ訪れさまざまな面の日本を体験してほしいなと思います。家族とビデオコールをよく行っており、まだホームシックになっている様子はありません。しかし体調を崩すことが何度かあったので、そのあたりに注意しながらサポートをしていきたいと思います。
また月末には鶴舞カントリークラブでインターンを行う29期生のエリさんとエリカさんが来日しました。2人はキャディとしてこれから働きます。まだ来て数日なので研修が始まったばかりです。2人ともルールや掛け声、仕事内容など覚えることが多くて大変だけど、毎日楽しいと言っており安心する限りです。これから慣れない環境で生活する中で起こりうる問題にできるだけ親身になって対応できるようにしたいと思います。

Leave a Reply

Blog Category

Blog Archive